公正証書遺言作成サポート@群馬

 

子どもに、銀行の預金と不動産を相続させたいので公正証書遺言を作りたいのですが、遺言書を作ると、銀行のお金がおろせなくなったり、不動産を売ったり貸したりすることができなくなってしまうのでしょうか?

 

 

 

遺言書を作った後でも、あなたの財産は、あなたが亡くなるまで自由に使うことができます。

 

 

ですから、銀行にあるお金をこれまでどおり引き出して使ったり、不動産を売ったり、貸したりすることもできます。

 

 

ただし、遺言書で「○○に相続させる」と書いた財産を売るなど、遺言書の内容と矛盾する行為をした場合は、遺言書の内容を一部撤回したとみなされます。
 
 
ですが、あくまで遺言書の一部が撤回されるだけなので、遺言自体が無効になるわけではありません。

遺言無料相談のご案内

 

あなたの心配や不安、専門家へ相談してみませんか?

 

群馬県内であれば無料で出張します。

相談後にご依頼頂かなくても構いません。

 

 

 

 

 

お電話でのご相談は027-364-2022

(吉田会計グループ:行政書士 手塚進)

 

受付時間:(月〜金)9:00〜17:30定休日:土・日・祝日

※事前にご連絡頂ければ、時間外でも対応致します。