あなたの不安を安心へ!公正証書遺言相談・作成サポート@群馬

私と妻は再婚で、妻には連れ子が一人います。実の子と同じように可愛がっているので財産を一部残してあげたいと思います。どんな方法が良いでしょうか?

 

 

 

まず、あなたと連れ子さんは養子縁組をしない限り、法的には親子関係がないので、連れ子さんに相続権はありません。
 
そのため、現状のまま遺言書を残したとしても、相続人の遺留分を侵害した場合は、連れ子さんに財産が渡らない可能性もあります。
 
まずは連れ子さんと養子縁組をした上で公正証書遺言を作成し、財産を残してあげましょう。
 
尚、相続税法上の養子は、実子がいる場合、1人目まで基礎控除を計算する際に法定相続人としてカウントされます。(基礎控除=3000万円+600万円×法定相続人の数)なので、場合によっては相続税の節税としても有効です。

遺言無料相談のご案内

 

あなたの心配や不安、専門家へ相談してみませんか?

 

群馬県内であれば無料で出張します。

相談後にご依頼頂かなくても構いません。

 

 

 

 

 

お電話でのご相談は027-364-2022

(吉田会計グループ:行政書士 手塚進)

 

受付時間:(月〜金)9:00〜17:30定休日:土・日・祝日

※事前にご連絡頂ければ、時間外でも対応致します。