あなたの不安を安心へ!公正証書遺言相談・作成サポート@群馬

公正証書遺言を作りたいのですが、具体的にどう動けばいいのか、何から始めればいいのかがわかりません。 

 

 

公正証書遺言を作るまでの流れ(手順)をご説明します。

 

1.財産を誰にどのように相続させるかを決める。

 

2.市役所、法務局等で証明書類を収集する。

 

◆公正証書遺言を作成する本人の印鑑登録証明書(市役所)※印鑑登録をしていない方は先に印鑑登録をする必要があります。

◆公正証書遺言を作成する本人の出生から現在までの戸籍謄本(市役所)
 
◆財産を渡す方(相続人等)の住民票(市役所)
 
財産に不動産がある場合は、登記簿謄本(法務局)、固定資産税評価証明書(市役所)

3.公正証書遺言の作成を依頼する公証役場へ連絡

 

 

どこの公証役場で公正証書遺言を作成するかを決め連絡をします。
 

群馬の公証役場はどこにあるの?

 

 

公証人に、1で決めた相続財産の分配方法を伝え、2で収集した書類を渡した上で公正証書遺言の原案を作成します。通常、数回の打合せを行うことになります。

4.証人の手配
 
公正証書遺言には証人が2人必要になります。証人になることができるのは、相続人以外の方など限られているのでご注意ください。
 

公正証書遺言の証人には誰がなれるのか?

 

ここまでの作業を当事務所で代行することができます。

 


5.公正証書遺言の作成完了
 
公証人と日程を調整し、当日、公証役場へ行きます。(公証役場へ行けない場合は、公証人に出張を依頼することもできます)
 

公証役場へ行くことができない場合は?

 
 
証人が公正証書遺言の内容を読み上げるので内容に間違いがないか確認し、署名し実印を押印します。
 
公証人から公正証書遺言の正本、謄本を渡されます。公証人に費用を支払い、完了です。

遺言無料相談のご案内

 

あなたの心配や不安、専門家へ相談してみませんか?

 

群馬県内であれば無料で出張します。

相談後にご依頼頂かなくても構いません。

 

 

 

 

 

お電話でのご相談は027-364-2022

(吉田会計グループ:行政書士 手塚進)

 

受付時間:(月〜金)9:00〜17:30定休日:土・日・祝日

※事前にご連絡頂ければ、時間外でも対応致します。