あなたの不安を安心へ!公正証書遺言相談・作成サポート@群馬

私は配偶者に先立たれ、子どももいません。親も兄弟も先に他界しています。こういう場合、私の財産はどうなるのでしょうか?できれば、お世話になった知人や団体に財産を渡してあげたいのですが

 

 

相続人がいない場合、相続財産は国庫に帰属するとされています。(民法第959条)つまり、あなたの財産は国の物になってしまうということです。
 
 
もし、お世話になった方など第三者へ財産を渡したいのであれば、生前に贈与するか公正証書遺言でお世話になった方へ遺贈するとしておいた方が良いでしょう。
 
 
ただし、贈与する場合には贈与税(基礎控除を超える場合)が、公正証書遺言で遺贈する場合には相続税がかかることになります。
 
 
特に遺贈の場合、相続人がいないと基礎控除がなく、また相続税の納税額が2割加算されるということがあるので、専門家とよく相談されることをおすすめします。

遺言無料相談のご案内

 

あなたの心配や不安、専門家へ相談してみませんか?

 

群馬県内であれば無料で出張します。

相談後にご依頼頂かなくても構いません。

 

 

 

 

 

お電話でのご相談は027-364-2022

(吉田会計グループ:行政書士 手塚進)

 

受付時間:(月〜金)9:00〜17:30定休日:土・日・祝日

※事前にご連絡頂ければ、時間外でも対応致します。