公正証書遺言作成サポート@群馬

 

アパート経営をしています。ですが、アパートを建てた時に銀行から借りた借金が3000万円以上残っています。

 

 

相続人は長男と長女だけです。

 

 

長男にアパートを相続させるかわりに、アパートの借金もすべて長男に支払ってもらいたいのですが、公正証書遺言でできるでしょうか?

 


アパートと一緒に借金もご長男様に支払ってもらうように公正証書遺言を作ることはできます。
 
 

ですが、銀行は、あなたの相続人全員に対して借金を返済するよう請求できます。
つまり、銀行は、遺言書に縛られることなく、長女様に対しても借金の返済を請求できるのです。

 
 
ただし、あなたが亡くなった後、銀行とご長男様・ご長女様との間で、「借金を返済する義務があるのは長男だけにするよ」という契約(これを「免責的債務引き受け契約」といいます)ができれば、ご長女様は返済義務を負わなくて良いことになります。
 
 
もし、ご長女様に相続させるものが何もなければ、あなたが亡くなった後に、相続放棄をして頂くのが無難でしょう。
 
 
何も残してあげられないのは可哀想だ、ということであれば、生前贈与や生命保険を活用して、相続財産としてではない形で財産を渡してあげるのも一つの方法だと思います。

遺言無料相談のご案内

 

あなたの心配や不安、専門家へ相談してみませんか?

 

群馬県内であれば無料で出張します。

相談後にご依頼頂かなくても構いません。

 

 

 

 

 

お電話でのご相談は027-364-2022

(吉田会計グループ:行政書士 手塚進)

 

受付時間:(月〜金)9:00〜17:30定休日:土・日・祝日

※事前にご連絡頂ければ、時間外でも対応致します。