公正証書遺言作成サポート@群馬

 

相続人には遺留分があるので、公正証書遺言を作っても、私の思いどおりにはならないのでは?と心配で仕方ありません。

 

 

ある相続人にどうしても財産を渡したくないのですが、何か方法はないのでしょうか?

 

 

あなたの財産で、銀行預金が多いのであれば、生命保険(死亡保険)を活用することをお勧めします。

 

 

たとえば、あなたが亡くなったときに1000万円の銀行預金があったとします。預金は、公正証書遺言を作って相続人などを指定したとしても、遺留分請求の対象になってしまいます。

 
 

ですが、死亡保険金であれば、相続財産ではないので遺留分請求の対象になりません。

 

 

財産を渡したい方をあなたの死亡保険金の受取人にしておけば、安心してお金を渡すことができます。

 

 

また、死亡保険金は相続税の節税(500万円×法定相続人の数までは非課税)にもなりますので、財産がある方にとっては、一石二鳥の方法です。

関連する質問・相談

遺言無料相談のご案内

 

あなたの心配や不安、専門家へ相談してみませんか?

 

群馬県内であれば無料で出張します。

相談後にご依頼頂かなくても構いません。

 

 

 

 

 

お電話でのご相談は027-364-2022

(吉田会計グループ:行政書士 手塚進)

 

受付時間:(月〜金)9:00〜17:30定休日:土・日・祝日

※事前にご連絡頂ければ、時間外でも対応致します。