あなたの不安を安心へ!公正証書遺言相談・作成サポート@群馬

 

親に遺言書を作って欲しいのですが、お医者さんから認知症と診断されています。

 

認知症の場合でも公正証書遺言は作れますか?

 

 

認知症だと公正証書遺言が作れない、というわけではありません。

 
 

基本的には年齢が満15歳以上であれば誰でも遺言をすることができるからです。
 
 
ただし、認知症がひどく意思能力がないと公証人に判断されると公正証書遺言の作成は難しいでしょう。
 
 
「意思能力がない」とは、遺言をする本人が「自分で何をしているのかが理解できていない状態」のことです。
 
 
認知症の方が作った遺言書は、裁判等で意思能力がないと無効を主張されてしまうケースが多いです。
 
 
そのため、認知症の方が公正証書遺言を作成する場合は、遺言を作成するだけでなく、後日、トラブルになることを防ぐためにも、作成日時点で本人に意思能力があったという証拠(医師の診断書やビデオレター等)を残しておくことをお勧めします。

遺言無料相談のご案内

 

あなたの心配や不安、専門家へ相談してみませんか?

 

群馬県内であれば無料で出張します。

相談後にご依頼頂かなくても構いません。

 

 

 

 

 

お電話でのご相談は027-364-2022

(吉田会計グループ:行政書士 手塚進)

 

受付時間:(月〜金)9:00〜17:30定休日:土・日・祝日

※事前にご連絡頂ければ、時間外でも対応致します。