あなたの不安を安心へ!公正証書遺言相談・作成サポート@群馬

妻とは入籍しておらず、事実婚の状態です。もし今私が死んでしまったら、妻には何も財産を残してあげられないのでしょうか?

 

 

 

残念ながら、法律上、事実婚のパートナーには相続権がありません。
 
 
日本の制度は、婚姻届を提出しているカップルのみを正式な夫婦として認めているからです。(法律婚主義)
 
 
あなたに、内縁の奥様以外の身寄り(相続人)がいなければ、特別縁故者として相続が認められる可能性はありますが、家庭裁判所に申立てが必要等、簡単にはいきません。

しかも、あなたに相続人がいる場合は、特別縁故者として認められることはないので一切財産を渡すことができません。
 
 
なので、内縁の配偶者に財産を相続させたい場合は、公正証書遺言であなたの意思をハッキリと表示しておく必要があるでしょう。

遺言無料相談のご案内

 

あなたの心配や不安、専門家へ相談してみませんか?

 

群馬県内であれば無料で出張します。

相談後にご依頼頂かなくても構いません。

 

 

 

 

 

お電話でのご相談は027-364-2022

(吉田会計グループ:行政書士 手塚進)

 

受付時間:(月〜金)9:00〜17:30定休日:土・日・祝日

※事前にご連絡頂ければ、時間外でも対応致します。