あなたの不安を安心へ!公正証書遺言相談・作成サポート@群馬

 

遺言書を作るなら公正証書遺言の方が良いと言われたのですが、自分で書くのではダメなんでしょうか?公正証書遺言のメリットを教えてください。

 

 

 

私は、遺言書を作りたいという方からご相談を受けたときは、必ず公正証書遺言で遺言書を作ることをおすすめしています。

 

その理由は、、、
 
 
1.公証人が作成するので安心
 
自筆証書遺言(自分で書く遺言書)は誰にも知られずコストもかからないという点では魅力ですが、自分で作るものなので専門家のチェックを受けなければ法的に有効かどうか確信が持てないという不安が残ります。
 
その点、公正証書遺言は公証人(国から任命された準公務員)が作成するので、無効になることはまず考えられず、作った後も安心です。
 
 
2.紛失・偽造の心配がない
 
自筆証書遺言は失くさないように自分で保管する必要があります。信託銀行などに預けるという方法もありますが、手数料がかかります。
 
一方、公正証書遺言は原本が公証役場で保管されています(保管料もかかりません)から、失くしたり、偽造されたり、誰かに隠されてしまう心配もありません。
 

 
3.家庭裁判所の検認(けんにん)がいらない
 

これは、遺言書を作る方ではなく遺族の方にメリットがあります。
 
自筆証書遺言の場合、遺言書が見つかったとしても勝手に封を開けたり内容を確認してはいけないことになっています。
相続人全員が家庭裁判所に集まって遺言書を確認しなければいけません。(この手続きを「検認」といいます。)
 
公正証書遺言の場合は検認がいらないので、すぐに相続手続を始めることができます。

関連する質問・相談

遺言無料相談のご案内

 

あなたの心配や不安、専門家へ相談してみませんか?

 

群馬県内であれば無料で出張します。

相談後にご依頼頂かなくても構いません。

 

 

 

 

 

お電話でのご相談は027-364-2022

(吉田会計グループ:行政書士 手塚進)

 

受付時間:(月〜金)9:00〜17:30定休日:土・日・祝日

※事前にご連絡頂ければ、時間外でも対応致します。